MENU

【データ通信量で違いが出るの?】

格安スマホに切り替えることで、大手キャリアのスマホを利用していたときとデータ通信量で違いが出ることがあります。そのため、今までの通信量だけでプランを決めてしまうと失敗することがあるかもしれません。そうして通信量に差が出るのでしょうか?

 

【アプリのダウンロード】
使い始めはアプリをダウンロードしたりデータを同期したり、新しくスマホの環境を整える作業が多くなりますよね?アプリのダウンロードはご存じかと思いますが、意外と通信量を消費してしまいます。普段は1GB程度しか使わないから…なんて思って低い通信量のプランにしたらすぐに通信容量が足りなくなって低速に…なんてこともあります。コース変更が毎月自由にできるところもあるのですぐに変えればいいのですが、あんまり損はしたくないですよね。また、通信容量は追加料金でチャージできるところも多いですが、なかにはそうしたサービスのないものもありますのでその点も注意しましょう。

 

【スピードテスト】
今どのくらいの通信速度が出ているのか?MVNOの格安SIMでは、データ通信が混雑する時間帯に通信速度の低下が見られます。気になってスピードテストを繰り返したりしていますと、軽く1GBいってしまうことも。スピードテストをするためにはパケットを送信したりしているわけで、要するに通信を実際にしているわけです。思いのほか容量をくうので、テストは必要最低限にしておきましょう。

 

【スマホを最新機種にした】
格安SIMを利用するにあたって、スマホの機種を最新機種に変更したという方は注意です。古い機種よりもスペックが上がっているため、サクサク動いて快適、でもその分、通信量も増えています。大幅に変わるということはないにしても、これも通信量に差が出る要因の一つです。

 

しかし、通信量は増えるばかりではありません。業者によっては通信速度の制御機能があり、通信容量を節約できるのです。これを使えば、例えば動画や写真などを高速でダウンロードしたいときには高速通信、待ち受け中やメッセージのやりとりでは200kbpsというように通信速度を自由に切り替えることができるため、通信量を減らすことができるのです。

 

またちょっと裏技で、ブラウザで通信量を節約する方法があります。みなさまご存じのGoogleChromeには、なんと通信量が50%OFFにする設定があるのです。Androidの場合には設定ボタンから設定を選択し、データ使用量を節約を選択、ONにするだけ。またiPhoneの場合には帯域幅を選択し、データ使用量を節約を選択、ONにすれば完了です。とてもかんたんなのです。この通信量の圧縮は、画像の圧縮と最適化を行うため可能になります。画像は多少粗くなりますが、スマホで見る分にはそれほどわからないレベルです。

 

通信量はこのように以前よりも増えることもあれば減らすことも可能です。通信量がうっかり増えてしまわないよう意識しながらうまく節約していきましょう。