MENU

通話込み格安SIMフリー価格比較【人気5社ランキング評価】

音声通話(080/090)対応の格安SIMの価格比較です。最近では通話アプリで格安通話が可能になっていますが、それでもやはり音質の良さや緊急電話のことを考えますと従来の音声通話がないと不安という方も多いでしょう。他社からのMNPも可能ですので今までの番号がそのままつかえ、キャリアのスマホから格安へと乗り換えする方も音声通話対応のSIMであれば利用しやすいのではないでしょうか。しかし、格安SIMのデメリットの一つが通話料が高いことです。キャリアのスマホで月額6,500円前後かかることを考えますと、月に2時間を超えるような通話時間では逆に割高になる可能性が出てきますので注意して下さい。

 

【通話込み格安SIM価格比較(3GB)】

 

高速通信通信量

月額料金

受信時最大

制限時の通信速度

基本通話料

月1時間使用した場合の通話料金

MNP

留守番電話

キャッチホン

国際ローミング

迷惑電話

最低利用期間

契約解除料金

OCN mobileone

 3GB

1,800円

150Mbps

200kbps

20円/30秒      【050PLUSアプリ利用の場合】 固定電話へ8円/3分       携帯電話へ16円/1分

2,400円       【050PLUS利用の場合】    固定電話へかけるなら160円      携帯電話へかけるなら960円

○  (300円)

○  (200円)

6ヶ月

8,000円

UQ mobile

3GB

1,680円

150Mbps

200kbps

20円/30秒

2,400円

○    電話基本パック含む(380円)

○   (音声通話とSMSは可能)

○    電話基本パック含む(380円)

12ヶ月

9,500円

DMMmobile

3GB

1,550円

225Mbps

200kbps

20円/30秒

2,400円

×

×

×

12ヶ月

9,000円

IIJmio

3GB

1,600円

225Mbps

200kbps

20円/30秒          【みおふぉんダイアル利用の場合】          10円/30秒          

2,400円           【みおふぉんダイヤル利用の場合】         1,200円         

○   (300円)

○  (200円)

1年

12ヶ月-(利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円(税抜き)

楽天モバイル

3.1GB

1,600円

150Mbps

200kbps

20円/30秒          【楽天でんわ利用の場合】   10円/30秒)

2,400円          【楽天でんわ利用の場合】      1,200円

○  (300円)

○  (200円)

12ヶ月

9,800円

 

【OCN mobile ONE】

NTTコミュニケーションズが提供する音声通話対応の格安SIM。プランは日単位・月単位のもの合わせて5種類から選べる。月額料金をみると他社と比較して若干高めではあるが、音声対応SIMに契約すると音声通話アプリ050plusの月額基本料が無料で利用できるので、格安SIMでも多少通話を利用するという方にはたいへんおすすめだ。また、毎月コースが変更できる柔軟性がある。たっぷり使う月はこちらのプラン、あまり使わない月にはこちらのプランというように毎月1回変更できるのがうれしい。

 

データ専用SIMコースに音声通話の月額料金700円をプラスすることで音声通話対応になる。
1日あたり110MB 900円→1,600円
1日あたり170MB 1,380円→2,080円
1ヶ月あたり3GB 1,100円→1,800円
1ヶ月あたり5GB 1,450円→2,150円
1ヶ月あたり15GB(最大通信速度500kbps) 1,800円→2,500円

 

【UQ mobile】

KDDI子会社のKDDIバリューイネイブラーが提供する音声通話対応の格安SIM。au回線の格安SIMであり人口カバー率99%超えのLTEエリアの広さでつながりやすい。auユーザーにたいへんおすすめだ。高速データのプランと無制限のプランがある。特徴的なのはサービスが充実している点で、着信転送サービス、割込通話サービス、番号通知リクエストサービスなどは無料で利用できる。またオプションでは電話基本パックとして留守番電話サービス、三者通話サービス、迷惑電話撃退サービスなどが月額380円で受けられるほか、月額380円の端末補償サービスもある。さらには月額200円で○○○@uqmobile.jpのメールアドレスがもらえるメールサービスもある。これはMVNOのサービスとしては珍しい。KDDIが母体ということもあるのか、電話やメールでキャリアのスマホのようにサービスが手厚い。

 

データ高速+音声通話プラン(3GB)(受信最大150Mbps)1,680円
データ無制限+音声通話プラン(通信速度最大500kbps) 2,680円

 

【DMM mobile】

DMMが提供する音声通話対応の格安SIM。やはりDMMは音声通話対応でもプランが格安だ。留守番電話やキャッチホンなどといった電話サービス系はあまり充実していないものの、格安で通話SIMを利用したい方にはいいだろう。プランが多いので、あまりスマホを利用しない方からヘビーに使う方までどなたにもおすすめだ。8GBと10GBのプランでは最大3枚のSIMで高速データ通信容量を分け合うことができるので、家族や恋人とシェアすることもできる。

 

1GB 1,260円
2GB 1,470円
3GB 1,550円
5GB 1,970円
7GB 2,740円
8GB 2,840円
10GB 2,950円

 

【IIJmio】

みおふぉんと呼ばれるIIJが提供する音声通話対応の格安SIM。音声通話がおトクな専用アプリ「みおふぉんダイアル」が申込後に利用可能になり、今使っている番号そのままで通話料が50%OFFとなる。10GBのファミリーシェアプランでは最大3枚のSIMカードが使え、家族でわけあって使うことができるうえ、通話料が20%OFFになるファミリー通話割引が受けられる。さらに、みおふぉんダイアルとファミリーシェアプランを組み合わせれば家族の通話料が最大60%OFFになるというからすごい。

 

ミニマムスタートプラン(3GB) 1,600円
ライトスタートプラン(5GB) 2,220円
ファミリーシェアプラン(10GB) 3,260円

 

【楽天モバイル】

楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが提供する音声通話対応の格安SIM。プランは4種類で価格・機能ともに有名プロバイダと同等のサービスとなっている。楽天でんわアプリを利用すれば通話料が半額で利用できる。また月々の支払いでは、楽天グループならではの楽天スーパーポイントがもらえるサービスがあるため楽天ユーザーの方にはオトク感があるだろう。

 

ベーシック(通信速度200kbps) 1,250円
3.1GBパック 1,600円
5GBパック 2,150円
10GBパック 2,960円